焼き物

茜陶房

与儀 祥子 下地 かおり

1997年に沖縄県浦添市にて開窯 作品は作り手二人による共同制作 食器や花器など日々手にする日常使いの陶器を主とする 料理を盛り付ける、飲み物を注ぐ、花を活ける、そうした暮らしのなかの動作が加わり完成したときに美しくある器を理想とする

エドメ陶房

川上 真悟

沖縄県国頭郡今帰仁村生まれ 沖縄県の世界遺産、今帰仁城趾近くにあるエドメ陶房は、陶器を作る上で必要な透明釉、色化粧用の釉薬は今帰仁にある自然素材なども使い、すべてを手作りとこだわりをもち、独創的な色合いを探求し続け伝統的なやちむんの技法やデザインを参考にした日用食器を作っています

風工房

秋元 ナナ

沖縄県うるま市生まれ 写真家として活動されていた際に「料理を美しく見せたい」という想いから陶芸の道へ 美しい沖縄の星空と海をモチーフに生活を楽しくする器作りを心がけて制作しています

工房双子堂

折尾あや(姉) 折尾いく(妹)

大阪府出身 2011年に沖縄県国頭郡今帰仁村に工房双子堂を設立 2014年より沖縄県中頭郡読谷村に工房を移す シンプルな形状に存在感のある独特の絵付けが印象的なうつわは、陶器を陶芸家の姉、絵付けを画家の妹が担当し、沖縄の花鳥風月をテーマに作陶しています

あしもとに小さなお花、ふとみるとそばにある自然 ここにもそこにもよくみると色とりどりにみちていて大切なものは近くにそっとよりそっているような気がします そんな、なにげないけど沖縄での日々の暮らしの中で感じる思いを器にたくしてつくっています

凸凸製作所

土井 政次 よぎ みちこ

1999年に愛媛県松山市にて開窯 2014年に沖縄県南城市へ移転 主に材料としているのは「半磁土」で食器を中心に制作 デザインはなるべく単純な要素で構成して、気負わず普段使いできる器にと考えて制作されています

シンプルであること、楽しんで作ること、使いやすいこと、時々クスッと 立ち止まったりしながらも、前を向いて日々トツトツと制作しています

180+ (one-eighty plus)

長谷川 奈美

富山県生まれ 大学卒業後、関東で陶芸教室に通い始める 2003年、やちむんの魅力に引付けられるように沖縄に移住し読谷の工房へ 5年間、2つの工房で修行し2008年に沖縄県沖縄市(コザ)に工房である180+(one-eighty plus)を開窯 2017年より沖縄県中頭郡読谷村に工房を移す 毎日の食卓やほっとする時間に使ってもらえる日常の器作りを心がけています

末晴窯

西端 春奈 (3代目)

丹波の代表作家として活躍する父、西端 正(2代目)の元で陶芸を学び、3代目へ 丹波の伝統技法を継承しつつ、「使うたびにうれしい気持ちになってほしい」との思いを込め、細い釘を使って一枚一枚丁寧に描かれた釘絵による動物や季節の花などをモチーフにしたデザイン要素の盛り込まれた作品を作っています

丹窓窯

市野 茂子(8代目)

市野 丹窓(6代目)の時代は、民芸運動で有名な柳 宗悦、英国人のバーナード・リーチとも親交がありました 息子の市野 茂良(7代目)は英国セントアイヴスにあるバーナード・リーチの工房にて修行 化粧土(スリップ)で模様を描く技法、スリップウェアの技術を習得し帰国 妻(市野 茂子)とともに作陶していましたが数年前に他界され、以降は市野 茂子が8代目となり、娘とともに7代目の意志を継いで作陶しています

俊彦窯

清水 俊彦

兵庫県丹波立杭生まれ 河井 寛次郎を師にもつ生田 和孝に師事 砥部を経て、丹波で作陶していた師と同じく、自身も丹波にて開窯 師匠から受け継いだ伝統的な技法と釉薬を用い、丹波の土を使い、民芸の流れをくんだ落ち着きのある日常使いの器を制作しています 50年にわたる作陶活動が認められ、2017年には瑞宝単光章を受章

ガラス

ガラス工房 清天

松田 清春

大謝名琉球ガラス、共栄ガラス、ガラスの郷工房にてガラス作りを学び、1997年、沖縄県中頭郡読谷村にガラス工房清天を築炉 工房で使用しているすべてのガラス材料は、繊細な表現に適した原料ガラスではなく、廃瓶から始まった歴史をもつ琉球ならではの再生ガラスを用いている 廃瓶を集め、窯で溶かし、宙吹きから生まれる、工業製品には決して出せない風合いや重みを持ちながらも日々の生活に選ばれるものを意識して製作しています

木工

たま木工

玉元 利幸

沖縄県うるま市勝連生まれ 2004年より木工の道へ 伊佐工房内にて制作手伝いの傍ら自らの作品制作を始める 現在は独立し、沖縄本島の北のほうにて沖縄の木をつかった道具と注文家具の制作をしています 自然豊かなやんばるに暮らし、森や木のことを学びながら、島の木を大切に使ってもらえるように日々木工に取り組んでいます

OPEN STUDIO

高光 俊信 高光 太郎

熊本県熊本市生まれ 紙造形の第一人者、柏崎栄助氏に師事 紙の造形活動を行う 英国レスター・ポリテクニックに留学し、吹きガラスの技法を学ぶ 帰国後の1976年熊本市に吹きガラスの工房として「オープンスタジオ」をオープン のちにアメリカの工芸学校で金属を学び金属の造形活動を始める 以降、南阿蘇にASOギャラリーを開設 アメリカの工芸学校を再訪し、アメリカ式の箒の編み方を学ぶ 現在は息子の太郎氏と、地域でものづくりの教育・支援に取り組めるようなASOものづくりネットワーク構想を考えている

ぬいぐるみ

Peloqoon

森川まどか

犬のしぐさから名前がつけられたペロクーンとは、手縫いのぬいぐるみ作家、森川まどかによるもの かわいい生き物に、残酷さや艶かしい姿が重なって見えることで感じる恐怖が、作品の制作へと突き動かす そのため生み出されるキャラクターはちょっと怖くて凄く可愛い

アートクラフト

Palm Graphics

豊田 弘治

大阪生まれ 1997年カリフォルニアはハンティントンビーチにあるインターナショナルサーフィンミュージアムで初のエキシビジョンを開催 以来、サーフィンからインスパイアされた気持ちやメッセージをサーフアートとして、具体的に作品やプロダクツとして表現し、様々なブランドや企業とのコラボレーションによるプロダクツデザインや、日本を始めとしたエキシビジョンを数多く手掛けている THE SURF SHOPアートエキシビジョンのディレクターも務める

ULTRA HEAVY

石川顕 ジェリー鵜飼 神山隆二

「迷ってるくらいならソファでも机でも持ってくりゃいい!」キャンプ場での僕らの一つのスタイルですし、僕ら東京生活の基本形態でもあります そんな僕ら、神山隆二、ジェリー鵜飼、石川顕の3人で、そのインドア&アウトドアスタイルの提案です 旅の準備はできてるか? 1980年代のメルセデスに積み込むものは何だ? ULウルトラライト原理主義への嫌みでもないし、最新アウトドアギアへのカウンターパンチでもないんです 都会生活のすすめでもない 自分のことは自分で決めたいのです 「シド・ビシャスじゃあるまいし、放っとけバカ!?」という気分でしょうか? 味気ないタイベックシートに絵を描き眺めたり、いざという時のそなえたり ただコットンドレスシャツを着て作業していたいとかウールPコートで暖を取りたいということです それが理由で他のモノすべてを軽量化してもかまわないのですし、逆に最先端というのも台無しにしても問題ありません ようはそこにいる為のちょうどいいスペックなんです HiとかLoの問題でなく なにが一番大事なものか気分なのかみつけてください それらを僕らは「B」品と呼びます B級なのか? Beautiful なのはわかりませんが......

ソーシャルサービス

琉Q(RUQ)

沖縄県セルプセンター

「琉Q」は、沖縄の太陽と海、そして、沖縄の人々の知恵と恵みが教えてくれる、日々の生活を豊かにするモノやコトを紹介していく取り組みです 沖縄の生活に溶け込み、育まれてきたモノやコトは歴史と思いが詰まっています そのひとつひとつを、今のライフスタイルに合わせて、沖縄の時の刻み方のように、ひとつひとつ無理のない速度でお届けしていこうと思っています 「琉Q」は、一般財団法人沖縄セルプセンターを介し、沖縄県内で暮らす障がい者の方々と一緒に作り上げていきます  “セルプ”とは、自助自立を意味する英語「SELF HELP」に由来し、ハンデに負けず社会自立を果たそうとする人たちの決意が込められています 働く意欲がありながら、障がいなどの理由により一般の事業所に就職することが難しかった彼らとともに、「琉Q」を通じて、沖縄の知恵と恵みをお届けします

琉Q(ルキュー) 沖縄の恵みと知恵を、日々の生活に